英語が苦手だった学生時代を振り返り、なぜ必要なのかをお教えします

日本にいても英語が必須に!?

時代は移り変わって行きます

近頃、英語に対する日本としての関わりが変わってきたように感じます。
実際に第二次戦争時には英語を教える先生に対して「非国民である」と非難したり、「敵国の言葉を知るなんてスパイなんじゃないか」などと疑われたりしていました。
しかし、第二次世界大戦から約70年が経った今ではあの時代からは想像もできないぐらい世界が変わって行き、英語が必須になる時代に変化しまった。
ここで、筆者は「たった70年でどうして英語が必須にできるぐらいまでなるんだよ!」と心のそこから思います。がしかしやはり、英語が必要となれば仕方ないかと腹をくくり勉強していた思い出があります。
さて、英語必要性が騒がれている時代.やはり備えあって憂いなしと言う言葉もあるぐらいです。
次のページでは各年代にあった親の指針になれるものを用意いたしました。

嫌いな英語にしないためには

さて、筆者は英語が嫌いです。ものすごく嫌いです。
でも、必要とあらば真剣に取り組むのですがやはり何かしらの目標が明確にあるほうが取り組みやすいのは当たり前ですよね。
では、明確な目標とは一体何なのか.各年代別に解説していきたいと思います。
まず、幼児期は「楽しいを中心に日常会話などに混ぜていく」です。
誰しも初めて取り組む時は難しいことは知っているはずです。
そのことを忘れずに、すぐに結果を求めないように心がけていきましょう。
次に児童期になると少しずつ「結果」を見ていきましょう。しかし、結果だけを見るのではなくその過程も見ましょう。
そうしていくと自ずとその子にあった勉強法を見つけることが可能になります。


TOPへ戻る